2008年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.31 (Wed)

年末のご挨拶

200812311.jpg

大掃除も買い物も、思い残すことなくやり尽くし、ようやく今年も終わり。
今年は、まさかこの僕がブログを!?な一年でありました。
本当に、僕がブログを書くことになるなんて考えてもみませんでした。


200812312.jpg

8月の終わりに開始して以来、ダラダラと締まりのない写真と文章をなんとなく適当にお送りする日々。
こんなんでいいんだろうか、おもしろくないんじゃないかと試行錯誤しまくりでしたが、充実したブログライフを過ごせたと思います。
当初僕オンリーだったアクセス数もグングン増えて、ただただ驚くばかりでした。
こちらからロクにご挨拶もしていないのに見に来て下さって、応援のポチして下さる方、コメントを寄せて下さる方。
本当に感謝の気持ちでいっぱいでございます。
来年もこんな調子で続けていくものと思われますが、末永く見守っていただけると嬉しいです。


200812313.jpg

主役犬である豆蔵は、今ひとつピンと来てないようですけどね。
自分がまさかブログで世界中にさらされているとは、思っていないはずです。
自覚が足りないというか何というか。自覚させられるわけもないのですけど。
なので今後も引き続き、仏頂面・マヌケ顔・後ろ向き写真ばかりになることでしょう。
ま、それもこれも豆蔵の個性なので、ご理解頂ければ幸いでございます。


200812314.jpg

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。



今年最後のポチポチ。よろしくお願い致します。


※本年中はお世話になりました!
スポンサーサイト
18:53  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.30 (Tue)

みそか

チャンネルをレコ大に合わせ、見てるようで見てないような、聞いてないようで聞いてるような、そんなマッタリした時間を過ごしております。
さすがにWink出てきたときはガッツリ見てしまいましたが。


200812301.jpg

いよいよ明日、大晦日。
さすがに一年のオーラスを迎えるとなると、無意識のうちに気合が入る。
また来年も同じような一年が繰り広げられることは過去の経験から十分分かっているはずなのに、「今年の散歩もあと4回だな!」などとカウントダウンし、一回一回を大切に丁寧に散歩しようとか考えてしまう僕なのであった。
おかげで、いつもなら1時間コースのところを、たっぷり1時間30分も散歩したりしてしまった。


200812302.jpg

どうやら豆蔵も飼い主の異変に勘付いたようである。
明らかに「どうしちゃったんだ、この人」という表情で僕を眺めていた。
さすがは我が愛犬。心配してくれるなんていいヤツじゃないか。
でも大丈夫だよ。
ただちょっとね、年末だからノスタルジックになってるだけさ。
今だけだよ、今だけ。


200812303.jpg

いや、それは無理。



いよいよ今年も終わりですね。
皆様が健やかに年を越せますよう、お祈り申し上げます。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:15  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.12.29 (Mon)

癒し癒され

すっかり忘れていた電気カバーの掃除やその他細々したことを全て(のはず)今日片付けた僕たち一家。
今年中にやらなければいけないことは、もはや買出しと年賀状のみとなった。
買出しは明日か明後日にでも。スーパー混みそうだなぁ。
年賀状は・・・どうなってんねん。
ちっともやってる気配がないが、大丈夫なんでしょうか。
まあ僕が気にしても仕方ないけど(出さないから@先日も書いた)。


200812291.jpg

今日も、年末だからと言って浮かれることなく、いつものように朝・晩と散歩へ繰り出す。
豆蔵にとっては、年末も年始も全く関係がないのである。
飲んだくれた挙句散歩をサボったとなれば、彼はきっととんでもなくお怒りになることだろう。
だからサボらず散歩だけはする。
この僕の心境は、ゴールデンウィークも夏休みも年末休みもなく廊下を雑巾がけする修行僧に似ていると思われる。
(基本的に、散歩は全て僕担当。嫁さんは足腰に軽く難があるため、あまり散歩はさせられません。)


200812292.jpg

そして当の豆蔵くんであるが、何でそこで目を瞑るかなーといったユニークな表情を時折見せてくれる。
なかなか可愛いヤツなのである。
チンピラだの悪役だのと言われて久しい彼だが(もっとも僕が真っ先に言ってるわけですが)、僕たちにとっては世界で唯一の息子なわけで。
親バカかもしれないが、僕たちにとってはとても大切な「癒し犬」なのだ。
彼を見ていると、大掃除で痛めた腰痛や肩こりが、スッと軽くなるような気がしないでもないようなそうでないような気がしないでもないような。


200812293.jpg

ご覧の通り、家に戻ってご飯を食べるなり、完全にデロリンチョン。
デロリンチョンて何。
まあそこはニュアンスが通じてくれればと思います。


200812294.jpg

もっともっと近寄ってみても、全く動じない彼。
人間ともなるとここまで油断した顔はなかなか見せられないものだが、彼は平気で見せちゃうのであった。
んー、見ているだけで癒されるねぇ。
その毛並みの柔らかいまーるい頭、ナデナデしたくなるねぇー♪
よーし、今日もモロモロ頑張るぞー!


200812295.jpg

というか、お前が一番癒されてるけどね。
散歩しかしてないのに。



これが豆蔵くんに与えられた職務です。
職務をまっとうする豆蔵に、「いい子だね!」のクリックをポチポチっとお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!


[ おまけGIF ]
200812297.gif

年末、お疲れさまです。
23:33  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.28 (Sun)

風呂納め

ようやく大掃除も一段落。
一年間溜まりに溜まった埃やら油汚れやらに対して果敢にも戦いを挑み、持病の腰痛が悲鳴を挙げつつも
0.5ゲーム差でギリギリ勝利した僕と嫁さんだった(なんのこっちゃ)。

そして先ほど、満を持して豆蔵丸洗い大作戦を決行。
腰痛がかなりキツくて、今回はその過程を写真に収める余裕がありませんでした。

お風呂後はいつものように「八墓村の殺人鬼(→参考こちら)」と化した豆蔵だったが、30分も暴れ回ってさすがに疲れ果てたらしく、

200812281.jpg

電池が切れたように定位置(僕の座椅子)でマッタリしだした。
上から眺めると、色といいバランスといい、まるでカレーライスである。
なるべく刺激しないよう(刺激を与えるとまた暴れるから)、そーっと写真を撮っていると。


200812282.jpg

ビクっと顔を上げ、まるで仇敵を見つけたような目で僕を睨みつけた。
そんな目で見るなよ。もうお風呂は終わったじゃないか。
サッパリしただろ?
痒みもだいぶ収まっただろ?
これでスッキリと2009年を迎えることができるな!


200812283.jpg

えーっ!



彼が暴れてくれたおかげで、明日も掃除機出動決定です。
痒みはともかく、サッパリスッキリフローラルぅな豆蔵に、「良かったね」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:53  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.28 (Sun)

大掃除

今朝もいつも通り、

200812271.jpg

近所の猫ちゃんに軽く睨まれたり、


200812272.jpg

なんとなく公園のベンチをスナップしてみて、「おお、なんか渋いぞ!」と喜んでみたり、


200812273.jpg

パリパリに張っている氷を見て冬を感じたりしながら、


200812274.jpg

豆蔵と散歩してきたわけですが。
今日はスペシャル散歩があるに違いないと期待に胸躍らせる彼を余所に、僕たちは今日、大掃除をすると決めていた。

嫁さんは台所・バス・トイレなどの水周り担当、僕はベランダ・窓・換気扇担当ということで動き出した。
僕たちがせわしなく動いている間、当ブログの主役犬・豆蔵くんは、クリスマスプレゼントでもらったぬいぐるみを咥えては見せに来るという、暇つぶし 兼 遊んでアピールを必死に開始。
こんなこと本人の前で決して言えた事じゃないが、はっきり言って邪魔である。

洗剤を舐められても困るので、なるべくならあっちに行ってて欲しい。
だが、彼は彼なりに「僕もいるよ。何なら手伝うよ。」とアピールしているわけだから、邪険にはできないのである。
「おー豆蔵ー♪お!かわいいぬいぐるみだな!彼女か?いいねー妬けるねーこのこの♪」
と、ヤッツケ感丸出しの言葉で彼をなだめておいた。


200812275.jpg

夜になっても、飼い主は「すべらない話」に大笑いする始末。
そんなわけで今日一日、飼い主にほとんど相手にしてもらえなかった豆蔵くん。


200812276.jpg

寝相もひねくれていたのでした。



この記事の方がヤッツケ感ありありなのは、内緒でお願いします。
もうちょっと大掃除が残っている僕たちに、「ファイト!」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
00:43  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.26 (Fri)

ヤルコトリスト

クリスマスも終わり、年末に向けてまっしぐら。
大掃除しなきゃなぁ。
カーテンと換気扇なんて、もう半年くらい掃除してないもんな。
あとベッドの下とかタンスの裏側とか。
ああもう・・・どうなってるか逆に楽しみ。


200812261.jpg

そういえば、年賀状の準備も全然していないけど、大丈夫だろうか。
ま、これは嫁さん担当だけど。僕は年賀状を出さないから。
豆蔵の写真が必要なら、僕に言いなさい。候補っぽいものを用意しとくから。
あ、でも来年は丑年か。
年男みたいですよ、僕。


200812262.jpg

おせちとか、皆さんは豪華に作ったりするのでしょうか。
我が家ではお餅とかまぼこと数の子さえあればOKって感じなので、出来合いのヤツを並べて終わり。
年越しそばも外せないので、買っておかないとな。


200812263.jpg

それと、車の掃除も忘れないようにしないと。
我が家の抜け毛大臣様が後部座席をデロンデロンに汚して下さったからな。
なんかよく分からないシミみたいなのも付いてるし。
車に乗るときいつも興奮しすぎなんだよ、大臣様は。


200812264.jpg

あとは・・・あれ?以上?
細かいアレコレがまだあるんだろうけど、その辺は臨機応変に。
二人と一匹のマンション暮らしだとこんなもんか。
まあのんびりスペシャル散歩に行く暇はないかもしれないな。
残念だったね、豆蔵くん。
あ、豆蔵と言えば・・・大事なこと思い出した。


200812265.jpg

お前を洗ってやらないとな。
だいぶ痒そうだしね。
覚悟しておきなさい。

200812266.jpg




明日から三日くらいでこれらを終わらせて、あとはまったりする予定です。
だいぶ獣臭が漂う豆蔵に、「綺麗な体で年越ししようね」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
22:06  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.25 (Thu)

プレゼント

昨日、クリスマスらしくチキンをコッテリと食べ、

200812252.jpg

ケーキとスパークリングワインを頂いた僕たち一家。
特別盛り上がることもなく、食卓に並べられた料理たちは、静かに消費されていった。
まあこんなもんでしょう。
欧米的な盛り上がり方を若干苦手とするジャパニーズな僕たちとしては、これで十分である。


200812253.jpg

そんなサイレントでホーリーな夜、豆蔵はいつも通り、ヘソ天で僕の興味を引こうと必死であった。
仕方がない。ちょっと遊んでやるか。


200812254.jpg

今年もお前は年中甘噛みばかりだったな。
ま、楽しそうで何よりだ。
そんなお前にプレゼントだよ。


200812255.jpg

これ。ゴールデンレトリバーのぬいぐるみ。
どうやら、盲導犬をモチーフにしたものらしい。
名前はゴールデンだけに・・・ゴル美とか? いやダメだろ。
とりあえず、未定です。


200812256.jpg

優しく扱ってくれよ。
そのぬいぐるみ、女の子っていう設定なんだからな(僕の中で勝手に)。
一瞬で縫い目食いちぎるとか、そういうのナシだぞ。


200812257.jpg

うぅ・・・なんか不安な咥え方だ・・・。
いつものオモチャとはニュアンスが違うんだから。
大切にしてくれないと困るぞ。


200812258.jpg

僕の気持ちを知ってか知らずか、彼は優しく彼女(ぬいぐるみ)に接してくれた。
お前・・・結構紳士だな。見直したぞ。
クリスマスは彼女と過ごすってのが日本の定番だからな。
良かったな豆蔵。Merry X'mas!


200812259.jpg

そして豆蔵は、彼女と寄り添うように、仲良く眠りに入ったのだった。
いい夢見ろよ!



ようやく豆蔵にも彼女ができました(?)
ぬくぬくと幸せそうな豆蔵に、「ひゅーひゅー♪」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:28  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.25 (Thu)

昭和記念公園 -豆蔵からメリークリスマス-

前回の続きです。

200812241.jpg

夕方4:30より、イルミネーション開始。
ここから一気に辺りは暗くなっていった。
公園の奥の方には人があまりいなかったけど、そうか。
みんなこっちに集結してたわけだ。


200812242.jpg

どうにかして豆蔵を停止させ、パチリと撮ってみる。
構図はともかく、ブレてない写真が撮れたような気がする。
豆蔵をフレームインさせて、もうちょっと撮ってみるか。

200812243.jpg

200812244.jpg

200812245.jpg

シルエット豆蔵。
本当に豆蔵なのかどうかさえ怪しいが、ちゃんと豆蔵である。
イヤイヤながらも頑張って動かずにいてくれた彼に、拍手。

シャッター地獄から豆蔵を解放し、しばしイルミネーションをパシャパシャ。
暗いので、カメラに没頭しやすい方はお連れ様とはぐれないよう、気を付けた方がいいと思いました。


200812246.jpg

200812247.jpg

200812248.jpg

200812249.jpg

2008122410.jpg

設定をいじりながら頑張ってみたのだが、これが僕の精一杯。
実際に見ると、この数万倍は美しいです。


その頃、豆蔵はというと。
2008122411.jpg

すっかり飽きていた。
カメラ地獄からのストレスは消えたようだが、「もう暗いんだから帰ろうよ」という空気がアリアリであった。
そうだな、そろそろ人も多くなってきたし、帰ろうか。


2008122412.jpg

公園を出ると、記念写真におあつらえ向きの場所が。
そして今までにないほど積極的に、立ち位置に座る豆蔵の姿が!
おお、そうか。ブログを読んで下さる皆様に、「メリークリスマス」と伝えたいんだな!
よしよし、撮ってやるとも!と回り込んでみると・・・。

2008122413.jpg

トナカイさんにメンチ切っているだけだった。
やめなさい。



しっかりオチを付けてくれた豆蔵に、「お疲れ」のクリックをお願いします。
そんな彼から、ちゃんとしたご挨拶があるそうです。「続き」をご覧下さい。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
00:00  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2008.12.24 (Wed)

昭和記念公園 -豆蔵と夕焼け空と-

先週、嫁さんから一つの情報が入った。
「昭和記念公園のイルミネーションがすごいらしいよ。期間限定だよ。」
すごいらしい・・・期間限定・・・そうなんですか!
これはもう、ぜひ行かねばならない。
そして、ご自慢のデジタル一眼レフで下手なりに写真を撮らなければならない。
何事も練習あるのみである。


200812231.jpg

そんなわけで昭和記念公園へ行って参りました。
ここに来るのは今回で3回目。
我が家からちょっぴり遠いことは先刻承知だが、そんなもの気合で何とかするのである。
長距離ドライブには慣れっこの豆蔵も、到着後いきなりの写真撮影に嫌気が差して全くこっちを向いてくれない。
先が思いやられるが、こちらもそんなことには慣れっこなのであった。


200812232.jpg

ひとまず、ドッグランを見学。そう、あくまで見学である。
中にいたワンちゃんが豆蔵のところに近寄ってきてくれたりもしたが、豆蔵ときたら全てのワンちゃんに柵越しのガウガウをお見舞いする始末。
どこまで強気なんだ、このチンピラくんは。


200812233.jpg

進んでみると、何だかソレっぽいモノが現れた。
前回来たときは、こんなものなかったはずである。
これが後々、きっとすごいことになるんじゃなかろうか。
期待が膨らむ。


200812234.jpg

着いたのが3時ということもあって、日は早くも傾き加減。
もうちょっと早く着いて豆蔵とたっぷり遊びたかったが、渋滞がなぁ・・・。
本当は2時くらいには着く予定だったんですが。


200812235.jpg

それでも広い広い園内を歩き回って、豆蔵絶好調。
一周回ると、1時間や2時間はあっという間に過ぎる。
閉園時間まであまり時間がなくちょっと急ぎ足で回ったため、普段運動不足な嫁さんはこの広さに軽く悲鳴を揚げるほどであった。
僕は毎日散歩しているから、この程度なんてことないのだよ。はっはっは。


200812236.jpg

美しい夕日を眺めながら、パシャパシャ。

200812237.jpg

オアツイですな。

200812238.jpg

僕の中では、今日一番のベストショットです。


200812239.jpg

2008122310.jpg

ようやく気の合いそうなワンちゃんに巡り会い、遊ばせて頂いた。
お二方とも、豆蔵のような凶暴(?)な犬に接する術を心得ているらしく、遊び上手であった。
豆蔵は、もっと遊び方を覚えなければいけない。
喧嘩するにも、喧嘩の作法ってものがあるんだよ。要するに、空手で言う寸止めってやつだ。
いつでも本気で怒ってたら、いつまで経ってもチンピラのままだぞ。


2008122311.jpg

そうこうしているうちに、辺りは暗くなっていた。
いよいよイルミネーションが始まる。
が、そのグダグダな模様は、また次回。

〔 続く 〕



次回に引っ張るほどいい写真があるわけでもありませんが、今日は疲れちゃったのでここまでです。
すみませんが、次回もお世話になります。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
00:15  |  暮らす  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2008.12.23 (Tue)

Mamezo Calender 2009

今年も残すところあと10日となった。
昨日寄ったスーパーの大賑わいなこと。
駐車場には長い列ができ、レジ前にはレジの打ち込みをイライラした表情で睨み付ける顔が並ぶ。
そんな光景を見ると、なんとなく僕も慌しく動かなきゃいけない気分にさせられてしまうが、そんな師走マジックに踊らされてはいけないのである。

200812221.jpg

ほらね、我らが『まったり王子』こと豆蔵くんは、こんなにまったりしてらっしゃいます。
部屋に入る日の光の、およそ8割を彼が独占中。
さすが王子。
僕も見習わなければならない。

そんなわけで昨日は、来年のカレンダーをまったりと作ったりしていた。
その名も「Mamezo Calender 2009」。
嫁さん発注による、世界にたった一つの超レア物である。

200812222.jpg

(猫型ロボット風な声で)まめぞーかれんだー!
いかがでしょうか。
写真を選んで、カレンダー生成ツールを使って、ちょちょいのちょい。
こんなもの作ったことがない僕でも、驚くほど簡単にできた。
便利な世の中になったものだ。

200812223.jpg
200812224.jpg
200812225.jpg
200812226.jpg
200812227.jpg

勢いよく一通り作ってみた。
月別で12枚。なかなかの出来だと自分では思う。
だがしかし、浮かれ調子で発注元である嫁さんに見せたところ。
彼女のボソっと言った一言に、あっさり撃沈することになった。

「季節感、ないよね」

HeyHeyそこの彼女!痛いとこつくねー!
まさに仰る通り、写真と季節があんまりリンクしていないのである。
でも、カメラを買ったのがそもそも今年の夏だし、先日のリカバリ事件のせいで10月からの写真しかないのですよ。
だから、季節感なんてあるわけないんですが・・・。

だが嫁さんは畳み掛ける。
「にしても、1月に芝生が青々してたらダメだよねー」

そんなこと言ったら4月の写真なんて、先週の土曜日に撮ったやつだし。
7月なんて、一応砂浜で撮ったものを使ってはみたけど、本当は11月に撮ったやつだし。
でもそれなりに頑張った感があるだろ?ないか?
そもそも僕みたいなセンスの欠片もない男にやらせるからいけないんだ!知ってるか?高校の時に美術で10段階の「2」取ったことあるんだぞ!・・・と口に出しそうになったが、負け犬の遠吠えのようでやめておいた。


200812228.jpg

2010年のカレンダーは、なるべく季節感を出していこうと思います。なるべく。



とりあえず来年はこのカレンダーで行くことにした僕に、「お疲れ」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
00:52  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.22 (Mon)

アウトロー

昨日、保土ヶ谷公園へとスペシャル散歩をしてきた。
なんせ昨日は12時に起きたものであんまり時間が取れなかったが、それでも無類の公園好きと公言してはばからない僕はフラフラと出掛けてしまうのだった。


200812211.jpg

ちょうど散歩のゴールデンタイムだったらしく、あっちこっちでワンちゃんと出会ったりしたが、豆蔵の豆蔵たるアウトローな性格が災いしてちっともオトモダチ交流に発展しない。
いつぞやに「豆蔵は変わった」などとのたまったことがある僕だが、どうやら気のせいだったようです。


200812212.jpg

そんなわけで、果てしなく一人ぼっちの彼である。
ま、自業自得なわけだが、飼い主としては複雑です。
豆蔵が本当にそれでいいのならば、それはそれで仕方がない。
でも、本当は違うんだと思う。
だって、


200812213.jpg

この写真なんて、遠くでトイプーちゃん×2とアメリカンコッカースパニエルさんが楽しく遊んでいるのを、遠目に見ているのですよ。
でもこの写真を撮る前にスパニエルさんとガウガウ対決してしまった経緯があって、近づくわけにも行かないのである。
やっぱり自業自得なわけだが、この切なそうな目を見ていると、何となく彼の本意とは違うんじゃないかって気がする。


200812214.jpg

それでも彼は、一人でいることを辞めようとはしない。
天邪鬼なのか内気なのか、それは分からないけど、決して群れようとしない豆蔵。
孤独こそが彼の人生。それを選んだのは彼自身である。
それを男のプライドだと言うのなら、それを誰が止められようか。
いいさ豆蔵。思う存分一人でいるがいい。
人間ともなると、そこまで徹底して一人でいることはできないからな。
僕は応援してるよ、お前のその生き方。


200812215.jpg

せっかく見つけた秋の名残。
僕が「ほら豆蔵!見ろ!赤と黄色のグラデーションだぞ!」とはしゃいだって、彼は見やしない。
流行になど左右されない、自我を持って彼は生きているのだ。
いいぞ豆蔵。かっこいいぞ!


200812216.jpg

何が楽しかったのか全然分からないところで急に笑顔を見せたり。
お前なりの楽しい瞬間がそこにはあったんだろうな。
あまりに急すぎて、撮り逃すところだったよ。
まあでもあえて言うなら、アウトローはあんまり笑わないぜ、たぶん。
おっと、これは人間の価値観だったな。失敬。


200812217.jpg

こうして暗くなるまで、豆蔵は豆蔵なりに楽しんだ。
結局豆蔵が遊び相手に選んだのは、


200812218.jpg

この野良猫さんただ一匹だったという。
アウトローにもほどがあるだろ。



若干扱いにくいタイプの豆蔵くん。僕にちょっと似たのかもしれません・・・。
こういう人、クラスに一人いたよねーと思う方は、こちらをクリックお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
00:00  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.20 (Sat)

大寝坊をぶっ飛ばせ

200812201.jpg

今朝、久しぶりに近所のノーリードで遊ばせられる場所へと行ってきた。
今朝と言っても、かなり寝坊してしまったため、真昼間なんですけど。
起きたら12時だっていうんだから、どんだけ寝れば気が済むんだって話。


200812202.jpg

ここを超えるとちょっとした袋小路の広場が広がっている。
出入り口はこの道だけだから、ここさえチェックしておけばOK。


200812203.jpg

誰もいないことを確認し、満を持してリードを外す。
いやっほー♪とはしゃぐ豆蔵。
ほんとに待たせたね。
さあ、遊びなさい。

200812204.jpg

200812205.jpg

200812206+.jpg

2008122010.jpg

2008122011.jpg

2008122012.jpg

2008122013.jpg

ご苦労さん。
散歩が遅くなった分、いつも以上にはしゃぎ回った彼でした。



大寝坊の飼い主を大人しく待っていた豆蔵に、「不憫な子や・・・」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:16  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.19 (Fri)

エコロジスト豆蔵

どこのワンちゃんもおそらくそうだと思うが、

200812191.jpg

こんなものとか、

200812192.jpg

こんなものが、豆蔵のオモチャになったりする。
他にも、何かの紙袋だとかビール6本セットの包み紙だとか、そういったものはそのまま豆蔵のオモチャへとリユースされる仕組み。
なんてお手軽なんでしょう。
何にも考えてなさそうに見えて、意外とエコロジストな彼である。


200812193.jpg

ほら、楽しそうに遊んでいる。
食べられてしまっては困るので見張ってなければならないが、まあそのくらいは付き合ってやるよベイビー。

ただ彼の場合、致命的な欠点がある。
それは、

200812194.jpg

リユース品であればあるほど(?)、飽きるのが早い。
普通のオモチャも早いは早いんだが、その半分も遊んでくれないのである。
なぜ、リユース品だとバレるんだろう。
こちらとしては満を持して(というか、紙がなくなったから)与えているつもりなんだけど。


200812195.jpg

どちらも原形そのままで、床に放置。
かと言ってこれらをオモチャ箱に残しておこうとも思わないから、後はもう捨てるだけ。
なんかもったいない。
まあ最初からオモチャではないのだから、もったいなくはないんだけど。
もしかして、実はシュレッダー代わりにされてることがバレちゃったのか!?


200812196.jpg

で結局、甘噛み遊びに没頭する彼。
これなら20分くらいは余裕で飽きずに遊ぶ。
こっちの方が断然エコロジー。


200812197.jpg

だけど、ミミズ貼れできたし、ちょっと腑に落ちない僕だった。



シツケ的に言えば、甘噛み遊びはあんまり良くないのかもしれませんね。
とりあえず楽しく遊ぶ豆蔵に、「ヨシヨシ」のクリックを頂けると嬉しいです。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:59  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.19 (Fri)

犬に歴史あり

今朝、ワン友のてんちゃんに会い、諸症状のため検査にかかることを聞いた。
先日もワン友の中日くんが胃を痛めてバリウム検査をしたと聞いたばかり。
そういえば、これまたワン友のレーチェちゃんも、かなりの波乱万丈犬生を送っていると伺った。
皆様の健康を祈るとともに、飼い主さまの心労をお察しいたします。

その点、我が家のアイドル豆蔵くんはというと、ここ最近は全くもって健康そうに過ごしている。
犬に病気は付き物であるはずだが、風邪もひかずお腹も下さず、全くもって丈夫である。


200812181.jpg

もちろん、今朝もこの通り。
相も変わらず鳩を追い掛け回して喜んでいる始末(?)。
顔が少々まずいことになっているが、これは、この日すでに5回目の鳩アタック中であり、「何だよもー!何で逃げるんだよー!」のイライラが表情に現れたものと思われる。

とは言え、豆蔵も齢2歳と7ヶ月。
平穏無事にこの月日を乗り越えたわけではない。
余所のワンちゃんに比べれば鼻で笑われそうな程度のコトばかりであるが、それなりには厄介事があったのだ・・・。


『Case1 エリザベス事件』

200812182.jpg

柴犬というのは、他の犬種に比べて「痒がり」なのだそうだ。
多くの場合、何かしらのアレルギーを先天的に患っているらしい。
豆蔵もご多分に漏れず、かなりの痒がりである。
あれは今年の春先のことだったと思うが、あまりに掻いたり舐めたりしたために左腕の間接部分に1円玉大のハゲが3箇所もできてしまった。
よく見ると、他にも目立たない程度のハゲが体中にいくつか発見された。

200812183.jpg
(当時の写真は、以前リカバリした際に紛失してしまいましたので、以降の写真は今日の物を適当に貼っております。文章と関係なくてすみません。)

ひとまず病院に見せ、ステロイド注射(かゆみ止め)と薬を処方してもらった。
さらに、患部をいじらせないよう、エリザベスカラー着用を義務付けられた。
避妊手術を施したワンちゃんならおそらく皆エリザベス着用したことがあるのだろうが、豆蔵は男の中の男であるため、この時が初めて。
なので恐怖のあまり、最初の三日間はまったく動かない病にかかってしまった。
この時、雨も重なったため1回だけ散歩をお休みしたことがあったが、後にも先にも散歩をサボったのはこの1回だけである。

200812184.jpg

四日目にはすっかりエリザベスに慣れ、普段の明るさを取り戻した豆蔵。
エリザベスの影響範囲を体で覚え、ご飯を食べたり水を飲んだりも器用にこなしていた。
マーキングするたびに地面とか棒とかの障害物に「カッ!カッ!」とエリザベスが当たる様は、笑ってはいけないのだろうがつい笑ってしまう日々が続く。
二週間もすれば外せるでしょうとの見込みだったので、僕たちも豆蔵も、ポジティブにこの時を楽しもうと考え始めていた。

200812185.jpg

そして約束の二週間が過ぎたが、1円ハゲはまだしつこく所定の場所にふんぞり返っていた。
じゃあもう一週間。まだダメ。
さらにもう一週間。やっぱりダメ。
ステロイドを打ち、薬を飲み、エリザベス着用期間が延々と伸びていく。
原因はおそらく「ハウスダストアレルギー」だろうということだったが、医者としてもこれ以上の治療は行えず、困っているようだった。
今はこまめに掃除をしつつ、ハゲが自然と直るのを待つしかないという、何とも煮え切らない状況が続いた。

200812186.jpg

こうして二ヶ月もの間、彼の戦いは続いた。
エリザベスカラーをしていない豆蔵は豆蔵ではないくらい、すっかり見慣れた光景になっていた頃。
ついに!ついにエリザベスカラーを外すことが許されたのだった!
長かった・・・あまりにも。
豆蔵も、突然エリザベスがなくなったことで勝手が分からなくなったらしく、何かするたびに「あれ?」という表情を見せていた。
もういいんだよ。エリザベスに合わせて調節してきた全てのことを、もう忘れていいんだよ。
そう告げる僕の声は、終始涙で裏返っていたのだった。

200812187.jpg

とまあ、こんなこともありました(遠い目)。
たかがハゲ、されどハゲ。
遊び盛りだった豆蔵が、いちいちエリザベスに注意を払いながら日々暮らすのはとてもストレスだったと思う。しかも二ヶ月も。
その我慢強さには頭が上がらないです。


と言っても、アレルギー体質自体が改善されたわけではなく、

200812188.jpg

こんな感じで、いまだにジュクジュクと赤く腫れたりするんですけどね。
柴犬の性だと思って、日々注意して見守る毎日です。

-----

〔追記〕
めちゃくちゃ真剣に探してみたら、嫁さんの携帯に1枚だけ残ってました。

20081218ex.jpg

すっかりエリザベスに馴染んでいる豆蔵くんでした。



Case2以降は、何かの機会にでも。基本的にはこんなレベルの話で、大したことないですけど。
二ヶ月に渡るエリザベスカラー着用に耐え切った豆蔵に、「よく頑張ったね!」のクリックをポチポチっとお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
01:15  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.17 (Wed)

怒れない男

今日、帰宅してみると。


200812171.jpg
200812172.jpg


こ、これはいったい・・・!
我が家でいったい何が起きたと言うんだ!


200812173.jpg

ひとまずブツをまとめてみた。
この見覚えのあるフォルムは・・・もしかすると。


200812174.jpg

コレだ。コレに違いない。
嗚呼、なんでこんな無残な姿に。

こんなものを欲しがり、このように粉々に破壊し得る者。
そして、僕がいなかった時間に家にいた者。
そんなヤツは一匹しかいない。
そう、犯人は・・・お前だ!


200812175.jpg

あげるわけないだろ。
さあ素直に白状しなさい。
お前がやったんだろう?


200812176.jpg

政治家かお前は。
お前以外に犯人はいないんだ。
ツリーにはちっとも興味示してなかったくせに、今頃イタズラするなんてずるいぞ。
しらばっくれてないで、そろそろ吐いたらどうなんだ。


200812177.jpg

え?
いや、あの、確たる証拠はないんだけど・・・。
状況から見ると豆蔵君が一番怪しいと、そういったわけで伺っているわけです。


200812178.jpg

は、はあ・・・。
こちらとしても、豆蔵君が犯人とは、まだ決めかねているところでして・・・。
いや、参考になりました。お邪魔しました。。。


200812179+.jpg

違う・・・こんなはずじゃないんだ・・・。



ツリー、隠しておけば良かったです。今までセーフだったので油断してました。
見てないところでイタズラをする豆蔵に、「こらっ!」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:27  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.16 (Tue)

ギガギガ

昨日、写真をペットクラブに提出して参りました。
期限ギリギリ。尻に火がつかないとやらないタイプです。
で、どんな写真かというと・・・


200812161.jpg

度重なる家族会議の結果、誰が見てもフツーでダトーなコレに決まりました。
完全なる、中の中。
これぞ僕たちが追求していたクオリティである。
「ふうん・・・」くらいのリアクションしか取れそうにない一枚に、乾杯。

-----

もう一つの懸案事項の方も、今年中に片付けなければならない。
溜まる一方の写真たちの整理である。


200812162.jpg

このままパソコンに溜めていては、いずれハードディスクが破綻することは目に見えている。
早ければ来春にでもパンパンになってしまう勢い。
その9割が豆蔵単独の写真なのだから、彼は幸せ者(のはず)である。
この中には、捨てるには惜しいレベルのピンボケ写真等々も混じっている。
これを整理する(=勇気を出して、捨てる)のはもちろんだが、それだけで全てが解決するはずもなく。
そこで。


200812163.jpg

こんなものを買ってきた。外付けハードディスクである。
本当はドカンと1テラバイトが欲しかったのだけど、ちょうど安売りしていた750ギガバイトを買ってしまう辺りが僕の貧乏性たるところだ。


200812164.jpg

さっそく取り付けてみた。
いくら無駄に撮り続けたところで、これで7~8年は大丈夫(だと思う)。
どうだ、すごいだろう豆蔵。
これでさらにバンバン撮りまくれるぞ。
寝込みでも何でもどんどん襲ってくから、覚悟しとけよ。はっはっは。


200812165.jpg

あら、つれない。



とりあえず今ある写真を全てコピーしてみたら、7時間もかかりました。びっくり。
今後待ち受けるシャッター地獄にゲンナリ気味の豆蔵に、「ドンマイ」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:47  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.14 (Sun)

夜景特訓

昨日のことになるが、元気に復活した愛車に乗ってスペシャル散歩へと行ってきた。
向かった先は、横浜ベイサイドマリーナ。
一応、目的としては散歩で履き潰した靴を新調することだったが、まあそれはコジツケみたいなもの。
オシャレなショッピングモールなら、クリスマスイルミネーションがさぞかし美しいだろうという、こっちの方が本当の目的である。


200812141.jpg

ひとまず、日のあるうちは豆蔵と散歩して回ることにした。
モールを離れ、海沿いのゾーンへ。
このとき、ちょうど3時過ぎころ。
なんか早くも、暗くなる一歩前って感じである。


200812142.jpg

豆蔵を海の方へ海の方へと引きずり込もうとする、相変わらずの(?)嫁さん。
冗談じゃないとばかりに反対方向へリードを引っ張る豆蔵は、写真を介しても十分に伝わるほど必死なのであった。
っていうか、冬の海だよ嫁さん。さすがにそりゃないぜセニョリータ。

とは言え、もし引っ張り込むことに成功していれば、

200812143.jpg

ここに豆蔵が加わっていたことになって、素敵な写真ができていたと思うが。
ちょっと残念だが、水嫌いの豆蔵に要求するのは少しかわいそうなのであった。


200812144.jpg

夕日と豆蔵。ベストコラボレーションである。
この写真、ペットクラブに提出したくなるほどの傑作だと自分では思っているのだが、コピーすると暗くてなんのこっちゃ分からなくなる可能性が高いのでやめておく。


200812145.jpg

一時間半ほど散歩し、店舗街へと戻ってきた。
さっそく靴を購入し、ウィンドウショッピングなどを楽しみながら暗くなるのを待つ。


200812146.jpg
200812147.jpg

嫁さんが覗いてみたい店があるというので、豆蔵とともに外で待機。
お行儀よくフセなんかしちゃったりして。
実は豆蔵くん、案外いい子なんですよ。


200812148.jpg

そうこうしていると、もう辺りは真っ暗。
写真の時計が示している通り、このときまだ5時。
暗くなるのが早いなー。


200812149.jpg

さすがはオシャレショッピングモール。イルミネーションが華やかだ。
あちこちで三脚が立ち並ぶ中、僕は寂しく自力で固定。
さっそく頑張ってみた僕だが、シャッタースピードが遅いのと寒くて手がかじかむのとで、ブレブレ写真のオンパレードとなっていく。


2008121410.jpg

うーん、構図もイマイチだし、ブレブレだし。
豆蔵にいたっては、正面向いてる写真は、ドロドロに熔けてどこに目や鼻があるのかすら分からないやつばかりであった。
まあ暗いんだからしょうがないか。
ちょっとしたコツが分かったような気がしたので、それでヨシとすることにする。
(全てフラッシュ未使用です)


2008121411.jpg

船上にサンタさんも登場しました(トナカイさんも)。
でも、なんか寒そう。

ところで、カメラがイルミネーションに向けられ、いつもの写真地獄から解放された豆蔵くん。
いつになく楽しげだったのは、言うまでもない…。



こういう夜景って、犬にはよく分からないのかな。よく白黒にしか見えないとか聞きますけど。
カメラから解放されて夜まで遊びまわった豆蔵に、良かったねのクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:57  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.12.13 (Sat)

ハメられた豆蔵

今日は13日。忘れてはいけないイベントがある。


200812131.jpg

そう、今日はフィラリア予防薬の投薬日である。
月初めとか終わりとか、もっと分かりやすい日に設定すれば良かったのだが、最初に13日に投薬開始してしまったので、今月も13日なのである。


200812132.jpg

だが、決してそれを彼に悟られてはいけない。
後々、間違いなく面倒なことになるから。
なるべくいつもと変わらない日常を演じなければならない。
朝の散歩も、いつもと変わらず、同じようなテンションで遂行していく。


200812133.jpg

ドッグフードに忍ばせ、いつもと同じようにご飯を与える。
ちゃんと食べてくれるかを固唾を呑みながら見守る僕。
概ねそのまま騙されてくれる豆蔵だが、たま~に気付いて薬だけ残したりするだけに、気が気でない。
今日はうまくいくだろうか。
(注:お皿の下の黒い物体は、どうやら焼酎詰め合わせが入っていたヤツの蓋みたいです。)


200812134.jpg

ん?食べたか!?
見た感じだと口に入れたような気がするが、どうなんだ!?


200812135.jpg

すっからかんになったにも関わらず、名残惜しそうにペロペロしている彼。
どうやら、見事に薬もろとも食べてくれたようだ。
これで今年の投薬も終わり。ご苦労様でした。


200812136.jpg

ああ、ご苦労様って言ったんだよ。
気付かなかったか?お前今、フィラリアの薬も一緒に食べたんだぞ。
こっちの思惑に見事ハマってな。はっはっは。


200812137.jpg

大成功。



バレると、無理やり飲み込ませるのが大変なんですよね…。
今年は全てうまく投薬できた僕に「お疲れ」のクリック、そして飲んでくれた豆蔵に「ヨシヨシ」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
22:22  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.12 (Fri)

熱視線

昨日書いた「ペットクラブに提出する写真」の候補入りを目指して、今朝それなりに頑張ってみたが。

200812121.jpg

せっかく正面向いたのに。
どうもおちょくられてるような気がする。

-----

その夜。


200812122.jpg

見事なエビゾリ睡眠を披露する、我らがイナバウアー☆豆蔵選手。
何でこんな格好で寝られるんだろう。
僕がこの格好で朝まで寝たら、腰痛バキバキで立つこともままならないだろうと思う。
そう考えると、犬ってたくましい(そうか?)。

そんなたくましい柴犬に熱視線を送り続けていたら、

200812123.jpg

ふいに目を覚ました。
いつもあまりに無防備な寝姿を見ているだけに、ちょっとびっくりである。
お前もたまには気配を察知するんだな。


200812124.jpg

「やだなーそんなに見ないで下さいよー」といわんばかりに、クネクネし出した。
かわいいヤツめ。
まあいいじゃないか。
お前だっていつも僕の動向を観察してるんだしさ。
僕もたまにはお前をじっくり観察してみたいんだよ。


200812125.jpg

あらら、コタツに顔隠しちゃった。
照れちゃって、コイツめー♪
おい、そのかわいい寝顔、見せてみろって。
写真撮ってやるからさ。


200812126.jpg

あ・・・すみません。



照れたりしたわけでもなく、ただ単に、寝返りを打っただけの豆蔵でした。
相変わらず空気の読めない飼い主を持った豆蔵に、ドンマイのクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:42  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.12 (Fri)

嫁チェック

僕たちが住むマンションには、「ペットクラブ」という、ペット飼い主による組合がある。
当然我らが愛犬豆蔵くんも、そこの会員犬である。
このペットクラブにて、昨今の会員増減に伴い、このたび会員名簿を更新することになった。
加入者はペットの写真を提出することになっているのだが、提出済みの写真は遥か2年前のもの。
豆蔵が家に来てすぐだから、豆蔵2~3ヶ月目のときのものだ。
なのでこの際、今現在の彼の姿を提出し直そうと考えた。

このためだけに撮るのも面倒くさいので、過去に撮り溜めた写真からチョイスすることに。
チョイスするにあたって、三つのルールを決めた。

①正面を向いているもの(笑顔であればモアベター)
②体全体が写っているもの
③必要以上にボケ味感のないもの(『デジイチ使ってますから』的な嫌味っぽい雰囲気はなるべく慎む)

腐るほど写真はあるわけだから、きっといいのが見つかるだろう。
こうして探し始めた僕たち夫婦。
開始10分後。あっさりと嫁さんに指摘された。

嫁 「正面向いてる写真、ほとんどないね。」
僕 「え?ああ、そうだね。肛門ばっかり見せてるな豆蔵は。アハハハ。」
嫁 「じゃあこれごっそりカットね。」

200812101.jpg

そんなこと探す前から僕は知っていたが、まさかここまでとは正直驚いた。
全体の半分は、彼のお尻で占められていたのである。
まあこんなところで躓いている暇はないので、その半分はとっとと省く。


さらに嫁さんの指摘は続いた。

嫁 「寝てる写真ばっかりじゃん。芸ないねぇ。
僕 「いや、だってほら、寝てるときが一番撮りやすいんだよ。」
嫁 「動いてたってピシっと撮るのが、腕ってもんでしょうよ。」
僕 「・・・いや・・・まあそうなんですけど・・・。」

200812102.jpg

確かに寝てるのばっかりだけどさ…。
芸ないねぇとまで言う必要、ないよね。
たまに、ほんとにたまにだけど、ブログで褒めてくれる人だっているんだぞ。
まあいい。事実、寝顔ばかりなんだからしょうがない。
芸がないのも甘んじて受け入れて、さあ探そう。


まだまだ嫁さんの指摘は続く。

嫁 「なんでこんな変な顔ばっかりなわけ?いい顔が撮りたかったんじゃなかったの?」
僕 「あ、うん・・・そうだったんだけどさ、なんか目覚めちゃったんだよね。変顔に。」
嫁 「目覚めなくていいから。」
僕 「変な顔って言うけど、それもまたかわいいだろ?かわいいからいいんだよ。」
嫁 「今はペットクラブに提出する写真選んでるんでしょ。普通のないの?普通の。

200812103.jpg

変な顔の方が、撮ってて楽しい。この男のロマンが君には分からないのか。
ま、いい顔撮ろうと思ったのに、意図せず変な顔になっちゃったのばっかりだけどな。
難しいんだよ、犬は・・・。
ハイチーズでニッコリカメラ目線してくれるワンちゃんであって欲しかったよ、豆蔵も。


その後も嫁さんの口撃は果てしなく続いた。

200812104.jpg

やれ顔アップばかりだの、

200812105.jpg

やれブレブレばかりだの。
本人に悪気があってのことじゃないと信じたいが、一言一言がグサリと来るのだった。

そんなわけで、12/15(月)が提出期限なのに、未だに決まっていないのである。
はてさて、無事提出できるのか・・・。
(撮り直した方が早いんじゃ)



厳しい嫁チェックをかいくぐって見事ゴールを決められるのか。応援クリックよろしくお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
00:55  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.10 (Wed)

レオンさんファイナル

200812111.jpg

あれ以来、すっかりレオンさんの虜になった豆蔵。
暇さえあれば、クッチャクッチャと噛み付いていた。


200812112.jpg

これ程までに一つのオモチャに執着する豆蔵を、僕は見たことがない。
今まで買ったほとんどのオモチャは、15分もすればだいたい飽きていた。
だがレオンさんの場合、30分や1時間、平気でクチャクチャしていた。


200812113.jpg

来る日も来る日も、レオンさんの登場を待ち望む豆蔵。
最初はイヤそうだったレオンさんも、いつしか豆蔵と心を通わせ、楽しく過ごしていたようだ。
豆蔵の両手に挟まれるレオンさんは、とても幸せそうに見えた。
いろいろあったけど、努力が報われて良かったな、レオンさん。

しかし、それも長くは続かなかった。
レオンさんに対する豆蔵の深すぎる愛情が裏目となって、確実に、着々と、レオンさんの体を蝕んでいったのである。
それでも最後の最後までオモチャとしての自分をまっとうしようとしていたレオンさんを、僕が強引に取りあげたのが、昨日のことだった。


200812116.jpg

余命幾ばくかとなったレオンさんは今、オモチャ箱で他の仲間たちと共に静かに余生を送っている。
豆蔵にオモチャと認定されてから、たった半月。
少なくとも僕の記憶の中にだけは永遠に残る、太く短いオモチャ生であった。


200812114.jpg

ですな。もう十分だ。
ゆっくり休んでもらおう。
デビッドくん、君にも大先輩の後を継いで頑張ってもらわないとな。


200812115.jpg

だが豆蔵の視線は、デビッドくんを確実にロックオン。
僕の「ヨシ!」という号令を、今か今かと待ちわびる彼であった。

※現在のレオンさんは、とてもお見せできる状態ではありません。
 僕が責任持って介抱しますので、どうかそっとしておいてあげて下さい。



にゅうこ@さんに言われた通りの展開になってしまいました。
ブログ開設間もないころから活躍してくれたレオンさんに「ありがとう!」のクリックを頂けると、豆蔵ともども嬉しいです。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:56  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.09 (Tue)

そしてゲートは閉ざされた

特にご報告することでもないのだが、実は先日、我が愛車に大きな傷ができてしまいまして。
相手車の事情もあるため詳細の説明は省くが、まあとにかく、左前がペシャッとなったのである。


200812091.jpg

各方面に連絡・相談して、ディーラーさんにバンパー等々の修理をお願いする段になった。
ちょうど6ヶ月点検・カーステレオ修理と、連続でお世話になったばかり。
なのでディーラーさんに、
「立て続けですね。」
と軽く嫌味を言われたのは言うまでもない。
まあ、スルーされるよりはずっといい。
これくらい言ってもらわないと僕的に救われないので、オッケーである。


200812092.jpg

実はこのディーラーさん、今の家からだとかなり遠い。
軽く1時間半はかかる。
それでも、以前からの付き合いなので、遠くても何となく頼ってしまうのだ。
そんな気心しれたディーラーさんに我が愛車を託し、用意してもらった代車で帰ることに。


200812093.jpg

乗り慣れた車もいいが、たまには違う車を運転するのもまたグーである。
まるで、友達の家に泊まりに行って、冷蔵庫やら戸棚やら開けてみるようなワクワク感がある。
最近はこんな機能があるんだーとか、インテリジェンスキー賢すぎ!などと楽しむ能天気な僕。
だがそれも、10分も経たずに飽きる。
豆蔵が同乗していないのも、なんだか寂しい。


200812094.jpg

結構渋滞していたため、2時間近くかかった挙句、ようやくマンションに到着。
さて駐車場へ入ろう・・・と思ったその刹那。最悪の事態に陥っていることに気付いてしまった。
しまった!駐車場ゲートの無線キー、車に置いてきちゃった・・・!
出掛けるときにあれ程「無線キーは持ち帰るぞ」と念じていたのに。
どうする、僕。このままでは駐車場に入れない。
ディーラーさんのところへ戻るか?いやいや、今行って帰ってきたばかりだ。
往復3時間以上だぞ。冗談じゃない。
もっと早く気付けよ、僕のアホーっ。


200812095.jpg

ひとまず守衛さんのところへ行き、事情を説明することにした。
幸い、僕が犬とよく散歩しているおっさんであることをご存知だったようで、話が早かった。
予想外のところで、豆蔵大活躍。こんなに頼もしいヤツだとは思わなかった。

豆蔵のおかげで今回はゲートを開けてくれることになったが、今後もその都度開けるのは了承できないとのこと。
とりあえず、路駐だけは免れた。助かった・・・。

だが、ちょっと待って下さいよ?
開けてくれるのは今回限りなんだよな?
となると、入庫したが最後、出すわけにはいかないってことだ。
車が退院するまでは、絶対に使っちゃダメということである。
ということはせっかく借りたこの代車、意味ないじゃーん じゃーん じゃーん……

たかが無線キーひとつないだけで、ここまで精神的に貶められるとは。
恐ろしい世の中である。
ああ哀れ。あまりの自分の間抜けさに、ただただ呆れるばかりであった。


200812096.jpg

ええ、返す言葉が見つかりませんよ。
「何も言えねぇ」とはこのことです。



Gated型マンションの罠。締め出されたら一貫の終わり。とまでは言いませんが。
こんなことにならないよう、皆様もくれぐれもご注意下さいませ…。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:42  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.08 (Mon)

和洋折衷

昨日のことになりますが。

200812081.jpg

こんなものを買ってきた。
クリスマスツリー(60cmサイズ)である。
ちょうど豆蔵のオスワリと同じくらい。
僕の生まれ育った中で、こういうものを部屋に飾るのは初めてのことだ。


200812082.jpg

すっかりクリスマス風にデコレーションされている某トイザラスをたまたま見掛けてしまい、誘われるようにフラフラと中へ。
子どものいない僕たちに、トイザラスに入る用事などほとんどない。(こないだここでミニモノポリーを買ったりもしたけど)
悲しきブロガー心理の現れとでも言うべきか、「こんなツリーが写真に写り込んだら、パッと見、素敵なお宅に見えるんじゃないか?」と、つい下心が発動してしまったのである。
もう1000円高かったら間違いなく手を出さなかったと思うが、そこはさすがトイザラス。
分かってらっしゃるお値段なのであった。


200812083.jpg

さっそく作ってみる。
もっとこう胸躍る作業かと想像していたが、案外地味である。
盛り上がって良さそうな嫁さんでさえも、何だか今ひとつノリ切れていないようだ。
なんでだろう。あの頃の純真さを、僕たちはいつ失ったんだろう…。
とりあえず、バランスよく散りばめればそれでいいんだろう的な適当さで、☆とか○とかの品々を取り付けていった。


200812084.jpg

よし、これで完成・・・?
なんか変だ。まるでもやしみたいじゃないか。
写真と全然違うけど、こんなんでいいんだっけ?貧相すぎやしないか?
ダイエットに成功したけど前の方が健康的で魅力的だったよねー って感じだ。

こちらをご覧の賢明な読者の皆さまならば2秒で原因が分かったと思われるが、ツリー素人の僕たちがほっそりツリーの原因を理解するのに、10分を要した。
この枝、自分で広げないとダメなのね。
どうも☆とか○とか付けにくいと思ったら、広げてなかったからか。


200812085.jpg

ということで、改めて完成。
先ほどの写真と比べると、格段にボリュームアップし、それっぽくなった。
危うくトイザラスに、「おい、箱の写真みたいにゴージャスにならないぞ!責任者出せ責任者!」とモンスタークレイマーぶりを発揮するところであった。


200812086.jpg

部屋の電気を消して、点灯させてみた。
ん~クリスマスですねー♪
少々サイズが小さいが、それもまた品があっていい。
これで今年のクリスマスの準備は万端である。
ただ一つ、問題点が。


200812087.jpg

いろいろ混ざりすぎ。



和洋折衷って、何とも便利な言葉ですよね。だいたいその一言で解決します。
コタツで柴犬を撫でながらツリーを鑑賞する僕に、「お前ナニ人やねん」の突っ込みクリックを念のためお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:43  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.12.07 (Sun)

痩せ我慢

昨日、冬の日の短さに少々ビビった僕。
毎年のことだが、冬の冬らしさには、なぜか必ず驚かされる。


200812071.jpg

冬にしてみれば、毎年きちんと定期的にやってきてるわけだし、「今年は特に日を短くしてみました」というわけでもないだろうから、驚かれても困るだけだろう。
何も体重変わってないのに、「あら?ちょっと太った?」と言われているようなものである。
太ってねーよと声に出して言えない冬は、いわれのない罵詈雑言をただただ黙って受け止めるしかない。
何とも不憫である。


200812072.jpg

そんな不憫な冬の寒空の下、元気に散歩する豆蔵。
今日は特に寒かったというのに、全く意に介さず、素っ裸で闊歩している。


200812073.jpg

寒くないのかなー。
やっぱり日本犬っていうのは、日本の冬程度、全く問題ないのだろうか。
僕なんて寒くて寒くて、手が死んでるんですけど。
散歩が好きなのは分かるんだが、本当はちょっと無理してるんじゃないか?


200812074.jpg

実はかなり寒いんだけど、男の中の男としては「寒い」なんて軽々しく言えるわけがないという、差し詰め「武士は食わねど高楊枝」的なアレなんじゃないのか?
誰に対して見栄を張ってるのか知らないが、寒いときは寒いと認めていいんだ。
散歩の時間で良ければ、喜んで減らしてやるぞ。どうだ?


200812075.jpg

そうですか。
もし減らしたりなんかしたら、とんでもない暴徒と化すのは目に見えてるからな、お前の場合。
だが、一つだけ聞いておきたい。
本当に寒くないって言うのなら、


200812076.jpg

どうしてコタツで丸くなるの。



そろそろ散歩に出るのがしんどい季節、ちょっとくらい散歩時間減らしたっていいじゃないのクリックを頂けると、彼も折れてくれるかもしれません。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
22:09  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.07 (Sun)

冬の落陽

我がマンションにも、クリスマスの気配が漂ってきた。
12月に入ったとたん、そんないきなりクリスマスカラーに染められても…

200812061.jpg

写真を撮ることくらいしかできませんよ。
まあ撮ってる時点で、軽く浮かれてるのがバレバレなんだけども。

-----

そんなわけで、週末恒例のスペシャル散歩へ行ってきた。
今日は、「四季の森公園」というところへ初めて訪れた。
ちなみに嫁さんは、風邪気味だということで自宅待機である。
流行ってるみたいなので、皆様もお気を付け下さい。


200812062.jpg

四季の森という名前の通り、四季折々の季節感を存分に味わえる公園らしい。
今は12月だが、どうやらまだ紅葉が残っていると風のウワサ(ネット)で聞いた。
いいねぇ紅葉。赤でも黄色でも、ドンと来いよ。


200812063.jpg

マップを(方向音痴の僕なりに)頭に叩き込み、とにかく大外回りを目指して進みだす。
写真は、車から降りて10秒でさっそく「マテ・オスワリ」コマンド、さらにはカメラまで向けられて、イラッとした様子の豆蔵。
もういい加減慣れてくれてもよさそうなものだが、柴犬とは元来頑固な性格らしいので、こっちを向いてくれただけでも感謝である。


200812064.jpg

しばらく歩いてすぐに気付いたのだが、この公園、かなり広い上に起伏が激しい。
写真で登っている階段は、なんと100段以上も続いていた。
そんな階段がそこかしこにあって、登らないと次のステージへと進めない仕組みになっている。
もちろん迂回コースもあるが、僕も豆蔵も、男の中の男なのである。
そこに階段がある以上、登らなければならない。


200812065.jpg

そんな無謀な「そこに山があるからさ」ルールを適用しつつ、季節外れの大汗をかきながら進む。
適度に配置された色付く景色をスナップスナップ。
豆蔵のお尻ばかり写っているのは、当ブログの仕様です。


200812066.jpg

200812067.jpg

200812068.jpg

200812069.jpg

一周回ってみて、2時間弱ほどかかった。
山あり谷ありの険しい山道だったが、普段毎日散歩している分、へっちゃらな僕と豆蔵だった。
だが…写真がトホホな結果に。
掲載した写真はまずまず明るいのだが、他のは暗くて全滅。
いい天気だっただけに、残念すぎる。
そもそも、のんきに王様のブランチなんて見てるんじゃなかった。
午後3時到着では、そりゃ暗くなる一方に決まっていたのである。
僕のバカー。


2008120610.jpg

ごめんなさい。
次はもっと早く来ます。



写真を除けば、かなり楽しいスペシャル散歩でした。
次回はもっと早い時間来るぞとリベンジを誓う僕に、「まあ頑張れ」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
01:19  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.12.05 (Fri)

コタツの引力

朝起きてみると、豆蔵の姿がない。
まあだいたい予想はつく。


200812051.jpg

ほらいた。
尻尾ダラーンて。どんだけまったりしてるんだ。
僕たちの目覚めを出迎えるのも億劫なほど、コタツの中は居心地がいいか。
ほれ豆蔵、飼い主が起きたぞ。ちゃんとおはようの挨拶しなさい。


200812052.jpg

尻尾クルリンが挨拶ですか、まったく。
ちょびっとだけ「飼い主さんが起きて嬉しいです」感が出てるだけに、怒るに怒れないじゃないか。
コタツ布団を出して、我が家で一番ダラけだしたのは、間違いなくお前だな。


200812053.jpg

遊ぶときだってコタツ布団の上だし。


200812054.jpg

遊ぶ手を離したって、そのままボケーっとしてるし。
なんだ、その緊張感ゼロのフニャフニャ顔は。
お前は猫か。犬は喜び庭駆け回るんじゃなかったのか。


200812055.jpg

そんなわけで、コタツ周辺にばかり居座り続けるダラダラ犬豆蔵。
そのうち「ご飯もここで食べる」とか「水こっち持ってきて」とか「母さん、アレ」とか言い出しそうな雰囲気である。
まあいいんだけどさ。ダラダラするのがお前の仕事みたいなもんだし。
そうやってダラダラするのは一向に構わないが、一応言っておくぞ。


200812056.jpg

そこ、僕の場所…。



豆蔵のせいで、僕はまだロクにコタツを味わっていません。
座椅子&コタツ布団でロイヤルスイート気分を味わう豆蔵に、「せめて座椅子だけは返してあげてね」のクリックをお願いします(本当に)。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:11  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.12.04 (Thu)

一人実況中継ごっこ

『キン肉マン消しゴム』なるものをご存知だろうか。
略して『キン消し』とも言うが、子どものころの僕は、キン消しを必死こいて集めたものだった。
集めて何をするかといえば、『一人実況中継ごっこ』である。


200812041.jpg

仮に キン肉マンvsウォーズマン だったとするならば(知らない人、ごめんなさい)、
「おーっと、キン肉マン!ここでキン肉バスターだーっ!」
「ウォーズマン、必殺のパロスペシャルが炸裂ーっ!」
などと、キン消しを操作しつつ、セリフと実況中継を交えながら一人で盛り上がるのである。


200812042.jpg

決してプロレスファンなわけではないのだが、これが始まると僕は、周りが見えなくなりひたすら没頭する少年だった。
平気で1時間や2時間、下手したら何時間でも実況中継ごっこに精を出す。
その集中力たるや、オシッコに行きたいのも忘れるほどであった。
同世代の男子なら、キン消しでこんな風に遊んだことがある人も多かろうと思う。


200812044.jpg

そして、今日の僕はまさにソレであった。
散歩中はボールになかなか興味を示してくれない豆蔵が、今日は興味を示したことがコトの発端。
普段はマーキングにばかり集中する彼がボールに夢中になってくれたから、僕のテンションもクレイジー級にアップ。
周囲に誰もいないことをしっかり確認し、ボール遊びスタート!


200812045.jpg

おーっと豆蔵選手。すごい形相でボールを持ってくる!
さてはボールが落っこちそうなのを必死に耐えてるな?
さあ持って来るんだ豆蔵。ギリギリ粘ってこい!


200812046.jpg

はい、しっぱーい。やーいヘタクソー。
だが、ジャンプ力は目を見張るものがあったぞ!
諦めるな!
諦めたらそこで試合終了ですよ!(By安西先生)


200812047.jpg

おっけーい!フォーッ!(←まだたまに言っちゃう僕)
いいよーナイスディフェンスよー!
レギュラー狙えるよー!


200812048.jpg

おーっと!芳選手!ここで痛恨のミス!
ピンボケだーっ!
このピンボケはかなり痛いですねー解説の豆蔵さん?
そうですねー致命的ですねー。果たしてこの写真、ブログに載せる気でしょうか?


とまあこんな感じで豆蔵と二人、大いに盛り上がっていたんです。
それこそ一心不乱に、我を忘れて。
だが、その時。不意に後ろから声が掛かったのだ。
「楽しそうだねー。」














ドッキーン
楽しそうだねーという名の弾丸に僕の心臓は打ち抜かれ、危うく天に召されるところであった。
振り返ると、以前もここで会ったことのあるオジサンが。

いつからそこにいらしたんですか。もしかして、一部始終聞いてたんですか。
誰もいないと思って、人目もはばからず没頭してましたよ。
かなり素ではしゃいでましたよ。ええ、童心に戻って。
嫁さんにすら普段はなるべく見せないようにセーブしている、本当の素の部分。
ですから、この恥ずかしさたるや、メガトン級ですよ。
僕、アホっぽくなかったですか?アブなくなかったですか?
次に会ったときも、同じように優しく声掛けてくれますか?

と、ひとしきり心で唱えたあと、
「ええ、まあコイツ(豆蔵)が楽しいみたいなんで、エヘヘ」
と、豆蔵のせいにしておく僕。
だが顔が赤くなっていたのは、豆蔵とはしゃぎすぎて体がポカポカしたからではないことを、オジサンは見抜いていたと思われる。


200812049.jpg

いろいろあるんだよ、人間ともなると。



一人実況中継ごっこには常に危険が伴うことを、皆様もお忘れなきよう(?)。
こんな残念な僕を飼い主に持つ豆蔵に、「ドンマイ」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
21:57  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.12.03 (Wed)

こたつ犬

200812031.jpg

我が家もとうとうこたつ布団を出した。
ソファにこたつというのも珍しいと思う方もいるかもしれないが、我が家ではこれが普通。
というより、嫁さんの意向と僕の意向と両方を酌んだら、こうなった。
嫁さんにとって、こたつでぬくぬくと昼寝することが、人生最大の楽しみなのだそうだ。


200812032.jpg

ところで、この明らかに不自然な穴は…。
まだ嫁さんも僕も入ってないはずなのに。


200812033.jpg

チラッと見える、この見覚えのある尻尾は、もしかして。


200812034.jpg

豆蔵一番乗りでした。



犬って、暗くて狭いところが好きですよね。
居心地の良い場所ができた豆蔵に、「火傷しないようにね」のクリックをお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
21:23  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.12.02 (Tue)

師走

今年もあっと言う間に師走である。
「年を取れば取るほど、一年が早く感じる」とはよく言ったものだ。
若いころはピンと来なかったが、今となれば確かに納得。


200812021.jpg

年末恒例の流行語大賞がこのほど決まったらしい。
「グ~!」はまだしも、「アラフォー」かぁ。流行ったのかな、本当に。どうもピンと来ない。
「上野の413球」とか、誰が言った言葉なんだっけ。
なんつーか、賞をあげるべく無理やり作り上げた言葉のような気がしないでもない。
もちろん流行語関係なく、上野さんは素晴らしかった。


200812022.jpg

ちなみに、「アラフォー」の定義は、35~45歳のことらしい。
ちょうど僕もアラサーからアラフォーに変わったってわけだ。
今一番ノッてる世代に入り込んだはずなのだが、これもまたピンと来ないのである。


200812023.jpg

今年の候補の中で言うと…。
覚えにくい名前にも関わらず誰もが覚えちゃったであろう、「メタミドホス」とか。
今年の新聞紙上、最も使われた言葉であろう、「ねじれ国会」とか。
誰もが一度は口にしてみたくなる語呂を誇る、「サブプライム(ローン)」とかが、僕的にいいと思った。
いずれも、混迷を引き起こした言葉である。
僕が清水寺の住職ならば、独断と偏見で「迷」を今年の漢字として書き入れます。


200812024.jpg

そんな暗い世の中。
豆蔵とこんなことして遊ぶくらいしか、楽しいことはない。
この豆蔵のブサイクすぎる顔を見て、一人で大爆笑することが至上の極楽。
いや待てよ。
実は彼はもうすっかり飽きていて、僕一人だけが盛り上がってるにすぎないとしたら。
そうだったら恥ずかしいし、情けない。もうお嫁に行けない。
とか考えている時点で、なんとなくもう僕の負けが決まっている気がするけど。


200812025.jpg

で、やっぱり彼は飽きた。


200812026.jpg

ちなみに、僕の今年の流行語大賞は、「豆蔵と暮らす」。
略して、マメクラ。
豆蔵=まめくら とも読むことは、ただの思いつきです。



何が言いたいのか自分でもさっぱり分かりませんが、とにかく年末です。
師匠も走り出すほど忙しい師走、体を大切にして、乗り切りましょう。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:00  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.12.01 (Mon)

帰省

先週末、嫁さんと豆蔵を連れて実家へ帰った。
父が円満に定年退職することに決まり、ちょうど父の誕生日も重なったこともあって、「ご苦労様パーティーをしよう」という実姉の提案に乗ったのである。

実家は同じ神奈川県の小田原市というところ。
横浜からは、車なら渋滞を考えて2時間、電車ならきっちり1時間である。
電車を選ばず車でエッチラオッチラ向かうのは、いつものことです。

200812011+.jpg

そんなわけで土曜日は、夕方も早い時間から酒を飲み、鍋を囲んでいたわけである。
父母、義兄・姉夫婦とその娘二人、そして嫁さんと僕。
(豆蔵は、姉家を厳戒警備中。しっかり頼むぞ。)
それぞれが大酒飲みなので、間違いなく飲み放題分の元は取ったはずだ。
料理も大変おいしく頂き、満腹とほろ酔いという二つの至福が同時にやってきた僕たちだった。


200812012.jpg
(姪だけ、顔出しOK出ました)
その後、カラオケへ。カラオケなんて2年ぶりである。
僕は、竹内まりやの「駅」を女性のキーで熱唱(熱傷かも)し、燃え尽きた。
残りの時間は聞き役に徹する。
片や嫁さんは、あれやこれや歌いまくっていた。
旦那の親族に囲まれるという完全アウェーな場でも物怖じしないのが、嫁さんの嫁さんたるところである。
最近の子どもはカラオケ文化によほど慣れ親しんでいるのか、姪たちもポニョポニョ歌ったりしていた。
すげぇ。僕がこどものころは、マイクを持っていいのは有名人だけだと思い込んでいたもんなぁ。



姉が叩き出した96点という高得点を土産に、カラオケ店を後にする。
犬ブログだと言うのに豆蔵の登場機会もないまま、酔いどれ達のサタデーナイトフィーバーはこれにて終了。
この日は、実家近くの姉家に一泊。
見知らぬ家に取り残された豆蔵が何かやらかしてないかと心配だったが、意外にも何一ついじった形跡がなく、一安心だった。


200812013.jpg

翌日。二日酔いの朝。
姪二人と記念撮影しつつ、朝の散歩へ。
帰ってみると、せっかくの晴れた日曜日、近所にある河川敷で遊ぼうということに決まったようだ。
父母およびその愛犬イチタくんにもご登場願うことに。


200812014.jpg

こちらが初登場のイチタくん。雑種犬だが、何のMIXかは分からない。
姉が平成11年11月1日に、保健所で目が合ったからという理由で実家に連れ帰ってきたのが彼だった。
「1」がいっぱい並んでるから、一太。グッドなネームングセンスを見せたのは、父だった。
当時3ヶ月くらいだったらしいから、今や9歳のおっさんである。
性格は・・・一言でいえば、臆病。しかも、かなり重度。
犬が怖いと思うであろう全てのことに対して漏れなく怖がり、よく鳴く。
その鳴き声たるや、ご近所の安眠をもぶち壊す、轟々たるもの。
ご近所さまのご好意がなければ、ここでの彼の生活はなかったと思う。


200812015.jpg

豆蔵とイチタが会うのはもちろんこれが初めてではないが、どうも豆蔵はイチタとあまり相性がよくないようだった。
今までの出会いでは、見ればムキッ歯、寄ればガウガウ。
それに驚いてイチタもギャンギャン。まさにテンテコマイ。
今日も当然そうだろうと誰もが思っていたが、しかし、この日は違ったのだ。


200812016.jpg

前を行くイチタのお尻を、執拗に追い回す豆蔵の姿がそこにはあった。
なんて微笑ましい光景なんでしょう。
イチタの臆病な性格が功を奏して、何のトラブルもなく仲良く連なって散歩することに成功したのだ。
これは、僕たち飼い主にとって、感激の極みなのである。


200812017.jpg

まるで旧知の仲のように、並んで歩く二匹。
イチタはともかく、やっぱり最近の豆蔵は一味違う。
豆蔵2歳と半年にして、少し大人になったということか。
オス犬なら誰にでも絡んでいく、あのチンピラ豆蔵がねぇ…感慨深いものである。
しょっちゅうは会えないけど、願わくば、「Maru in Michigan」さまのMaruくんとMac先輩のような関係になって欲しいものです。


200812018.jpg

まだ軽くムキってましたけどね。



身内ネタですみません。
次にイチタと会うときも豆蔵が仲良く接してくれることを願って、こちらをクリックお願いします。


※いつもポチポチありがとうございます。とても励みになってます!
23:17  |  暮らす  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。